読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ動画日記[アニメ・映画・ドラマ]

動画配信サービスを利用していろいろな見た動画を紹介します。

アニメ「迷家‐マヨイガ‐」2016年のヒロイン、今年は処刑ガールのブームが来る!?

アニメ

どーも、ジョン・カピバラです。

この記事は2016年春クールにおいて最も衝撃的なヒロインと名高い「処刑ガール」についてお話しします。

迷家-マヨイガ-1

 

アニメ「迷家」とは?

『ガールズ&パンツァー』の水島努、シリーズ構成に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里を迎えた「ディオメディア」によるアニメ作品です。

30人という大勢のキャラクターが登場することから、今にも「大虐殺が始まりそう」という視聴者の期待不安に尻目に、それぞれの「トラウマ」に向き合う癒し系ヒューマンドラマでした。

第三話で行方不明の人物が出た頃は、「ついに一人目の犠牲者が!」と大盛り上がりを見せていたんですが、なかなかどうして、予想を裏切ってくれました。行方不明者も終盤に自分の「トラウマ」を克服して再登場したときには、まんまと脚本家にやられたなあという感じです。

とはいえ、それぞれが抱えている「トラウマ」がなかなかに重いので、そういった意味ではハラハラさせられる作品でした。

「第一回人生やり直しツアー」に参加した30人の男女。彼らは行方不明者になり人生をやり直すためバスに乗り込み、都市伝説として語られる「納鳴村(ななきむら)」に向かっていた。しかし着いた村に人の気配はなく、「行方不明者がコミュニティを作って暮らしている」と聞かされていた参加者たちは不信感を抱く。不気味な獣の咆哮、参加者の行方不明事件と怪現象が続き、下山を試みるも村からは出られない。さらに、それぞれが姿形の違う「巨大な化け物」に遭遇、参加者たちは自らのトラウマに向き合わざるを得なくなるのだった。

wikipediaより引用

作品の評価は賛否両論

筆者はなんだかんだで楽しんで観ることができました。話の畳方が少し強引なような気もしましたが、勢いがあるから「良し」です。

狂気の「らぶぽん」。

登場人物の一人に「らぶぽん」がいます。前述の「処刑ガール」なんですが、彼女が抱えている「トラウマ」が作中の中でもかなり重かったのですが、口癖が「処刑です」だったのに衝撃を受けました。

自分に害を及ぼしそうな人物に対しての脅迫観念をもっており、実際に殺そうと行動してしまいます。主人公も川の中で「らぶぽん」に首を絞められながら溺死させられそうになります。とんでもない病みっぷりです。

数話後には別のヒロイン真咲(まさき)を幽霊と疑って「処刑」するようにみんなを煽ります。幽霊を処刑しようという発想事態がもう狂っているのですが。

そんな彼女の印象が変わったのが、終盤自分が窮地に陥った時の発言です。

「処刑されますー!」

 

え?それ自分にも使っちゃうんだ、と思ったらなんだかおかしくなって爆笑してしまいました。

最終回では、他のキャラクターへのツッコミとして

「処刑ですー」と言っていたので、なんだこの子はただ「処刑」と言いたいだけの子だったんだなー、と思って可愛くなってきてしまいました。

 

▲狂気のヒロインだが、なぜか人気は高い「らぶぽん」。

 

まとめ

みなさんも合コンで「らぶぽん」のような奇抜な子で貫けば、みんなの忘れられない記憶に残るはずです。その合コンで忘れられない「トラウマ」を作って「納鳴村(ななきむら)」に行けること間違いなし!

「処刑ガール」、今年ブームが来そうなんですが、どうでしょう?

 オークションやるならモバオク!


こんな記事はどうですか?

stonerivervip.hatenadiary.jp

 

▼目次

stonerivervip.hatenadiary.jp